フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« パワーポイント | トップページ | 初?の3D-MEMS »

2011年12月19日 (月)

プッシュプルフライバックコンバータ

Photo 図は普段見かけることが少ないプッシュプルコンデンサ平滑回路。しかも、フライバック動作し、倍電圧まで行っている。整流回路はコッククロフト形でコンデンサ平滑まで行っている。

2005年(在職中)に許可を得て出した「実践アナログ回路設計・解析入門」の中の図である。

アナログエンジニアはこの回路に愛着がある。ひょっとしたら、発明になったかもしれない。

この回路では高い昇圧率が簡単に得られる。D1,D2の存在により、フォワード形プッシュプルで行われる回生コイルも側もスイッチングする経路がなくなり、励磁電力は2次側にしか放出できないので双方向に低インピーダンスで倍電圧回路を駆動できるのだ。

動作の理解・解析はかなり難度が高いが動作は安定であると考えている。

負荷が大きくは変動しない時には、いくつかの利点がある。PWM変調をかければ0出力も可能である。

また、一次側からの出力電圧制限もできる。

この回路の用途は読者の想像に任せるつもりだ。

フォワード形プッシュプル回路が存在するなら、フライバック形プッシュプル回路もあると考えて探索した。それで愛着のある一回路形式となっている。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« パワーポイント | トップページ | 初?の3D-MEMS »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング