フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 英文の履歴書 | トップページ | プッシュプルフライバックコンバータ »

2011年12月18日 (日)

パワーポイント

Img_0124_2 写真は35mmフィルム換算でf≒10000mm相当の下弦の月。

-----

アナログエンジニアはパワーポイントのプレゼンテーションのアクションが大嫌いである。

私は、他人のプレゼンテーションに参加する時、常に画面を速読しその発表の裏、表を考えるのだ。

パワーポイントでアクションが入ると、この読み方が出来ないのだ。聴衆はプレゼンを見ながら考える自由がある筈だ。

アクションの多いプレゼンはこの自由を奪う。人を引き付ける技巧だと思っているらしいが、とんでもない間違いである。人を待たせるべきではない。

批判も含め考える時間を与えてこそプレゼンテーションは成功する。

アクションでそのスライドの一部がが隠されていると、馬鹿らしくも待つほかない。最悪のパタンであろう。

しかしながら、パワーポイントのアクションが大好きな上長も存在するれいも数多く存在する。

何度も言うが、アクションの多いパワーポイント、これは私のような聴衆には無礼なプレゼンテーションとさえいえる。

本質をつかんだプレゼンテーションは静止画で十分である。アクションは不要である。アクションさせなければならないような下手な図による説明を行っているから、概して発表の内容も希薄である。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 英文の履歴書 | トップページ | プッシュプルフライバックコンバータ »

随想」カテゴリの記事

コメント

無礼を承知でつくっているのではないでしょうか。 もともと興味がある人には大学の授業で使う教科書のような原稿を一冊まるごと渡しておけばいい。それでも自ら学び取ります。
プレゼンはもともと興味ない人も含めて全員にわかりやすく伝える、興味を惹くために行うものというのが、原点ではないでしょうか? 疑問を投げかけ、すぐに答えを見せない。そうすることによって興味をもたせる。プレゼンを見てイライラさせられている人こそ、そのプレゼンに真にはめられているのかもしれません。

無礼を承知でつくっているのではないでしょうか。 もともと興味がある人には大学の授業で使う教科書のような原稿を一冊まるごと渡しておけばいい。それでも自ら学び取ります。
プレゼンはもともと興味ない人も含めて全員にわかりやすく伝える、興味を惹くために行うものというのが、原点ではないでしょうか? 疑問を投げかけ、すぐに答えを見せない。そうすることによって興味をもたせる。プレゼンを見てイライラさせられている人こそ、そのプレゼンに真にはめられているのかもしれません。

同感です

個人的には、パワポの基本は
一枚あたりの文字数を減らすことだと
思います。

字が大きくて読みやすい!
→だから、分かりやすい

アクションが入る余地があると言うことは
文字が小さくなる訳で、
インパクトも増えてるかどうか微妙です 

おはようございます。元二階澄花さん他の方、有難いコメントです。
「無礼で作っている」、「一冊の本の原稿」・・・まったく同感です。

アナログエンジニアより

この記事へのコメントは終了しました。

« 英文の履歴書 | トップページ | プッシュプルフライバックコンバータ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング