フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 個人的3重化 | トップページ | EV車の課題と弱点 »

2011年12月26日 (月)

整備不良の車

Photo 写真は1978年に撮影したバラ星雲。この写真の詳細は下部に記載している。銀塩写真をデジタル化した。

----

ブレーキランプの片方が切れていたり、後部に傷跡、へこみのある車の後ろを走る時には注意が必要だ。それなりの整備不良、運転技術に問題があってのことだろう。

それなのに、携帯をかけながら、あるいは煙草を吸いながらの運転者や運転行動の予測しにくい高齢者なども多い。

現在の車はコンピュータ制御なので、普通の整備業者では通り一遍のチェックしかできない。

アナログエンジニアの車は自動化装置が非常に多いので、正規ディーラでないと整備できない。専用のチェッカーがないと、それらの機器や車載マイコンのチェック、ソフトのバグ更新もできないのだ。

1カ月ほど前、免許更新を受けた際に警察で教えていただいた運転法の一つは、視界を遮る大型車の後を走る時には車間距離を十分取る方法だ。

たしかに、これだと、信号の変わり目にもきちんと対応できる。

私は通常、割り込まれるのを覚悟で、車間距離を走行速度+自分の反応時間を考えて3秒程度の時間余裕のある距離をとる。

青信号になったすぐ後はゆっくり目に(1500-2000rpm)程度で加速して行く。相手の行動を読み切れない場合には、アクセルを離し、ブレーキペダルに軽く足を乗せている。

私の車は、基本的に運転者と助手席優先の穏やかに走るための作り込みがなされている。しかし、スポーツタイプの走りもできる。ただし、燃費はかなり低下するが・・・

私は、そんな車が好きなのである。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 個人的3重化 | トップページ | EV車の課題と弱点 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 個人的3重化 | トップページ | EV車の課題と弱点 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング