フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 値切り | トップページ | 終わりよければ総て良し »

2011年12月30日 (金)

ピロリ菌駆除に成功

Img_0268 昨日夕刻に撮影した上弦に三日月の大写し写真。シーイングは良好だった。

対物口径φ52mmのフィールドスコープとコンパクトデジカメでコリメート撮影。

この機材ではこの辺りの解像度が限界だろう。

----

今年の締めは、ピロリ菌除去が成功したかどうかの結果が出る日が昨日だった。

第一選択薬で駆除できる割合は一般には50%程らしいが、私の町医者の薬剤師さんからの情報では8割位だとのこと。

アナログエンジニアは3-8月にかけて、体調が悪かった。胃は痛むし姿勢も悪くなってきた。

胃潰瘍からの出血もあったとのこと。ピロリ菌の陽性反応もでた。

治療が始まるとほぼ同時に意欲が湧いてきた。内科のかかりつけ医は胃カメラの操作が上手なので、胃潰瘍の確定診断の時と、治療後の結果の確認の目的で2回胃カメラ検査したが、さほど苦痛ではなかった。

ピロリ菌の除去に成功した。これで、再び感染するまでは、胃の不調の心配はなくなった。

結果オーライの1年だったような気がする。

『人気Blogランキングン』の「自然科学」部門に参加しています。年末・年始もほとんど休まず更新したいと考えているアナログエンジニアに貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 値切り | トップページ | 終わりよければ総て良し »

健康」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、アナログエンジニアさん。
胃潰瘍は昔は手術等が多かったが最近はH2ブロッカーがあって、だいぶ減ったとの情報を聞いたことがある。医療費抑制のためであろうか、市販薬にもH2ブロッカーがある。胃酸分泌が減って、胃潰瘍には効果的とのことである。ところでH2ブロッカーは文字通りH2受容体を遮断する薬であるが、心臓にも受容体があるので、心臓に異常を感じたら注意しないといけないらしい。

この記事へのコメントは終了しました。

« 値切り | トップページ | 終わりよければ総て良し »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング