フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 月の超望遠撮影 | トップページ | 震災復旧工事 »

2012年1月12日 (木)

上には上がいる

技術は事実によりその真贋が証明される。アナログエンジニアはそのように考えている。

少なくとも、自己矛盾があるか、仮定に誤りがある場合には、その技術的結論を信用しない。

技術世界では、地位は別としても、上には上が居る。上から見れば、技術的嘘はすぐに見破られる。

しばしば、木を見て森を見ずと言われることがある。しかし、若いうちには木をよく観察することも重要である。

自分が高まれば、未知の地平線はどんどん広がっていく。それがピークトップ形成のプロセスだと私は考える。

特定の分野でピークトップを形成出来れば、横へ自分のレパートリーを広げることが容易であろう。

そのためには、少なくとも高校のレベルの基礎力をきちんと身につけておく必要がある。

工学系なら、高校物理と高校数学は必須である。きちんと時間をかけて理解する勉強をしていなければ、その後の発展はない。他の地学や化学、生物も同様である。

高校物理は意外にハイレベルで、使いこなすまでには1年では不足だろう。

高校物理で抽象度が高く、後半で学ぶ電気・磁気は鬼門とも言えるほど厳しい。

工学部で物理・化学を必須受験科目にしなければ大学で苦労するだけである。これらの科目は厳しいので、受験生を集めるには必須受験科目になかなかできない大学が多いのだが・・・

あとで大学で教えるには教養の2年間はあまりにも短い。

間もなく、センター試験が始まる季節だ。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 月の超望遠撮影 | トップページ | 震災復旧工事 »

随想」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、アナログエンジニアさん。
高校のとき電卓というものあり、おこづかいでも買えたので、さっそく買った。さて、電卓で何を計算しようかと考えたところ、物理の問題集にたまたま計算する問題があったので、かたっぱしから計算した。学校の勉強の進み方なんか無視して、どんどん問題を解いていった。非常に楽しかったことを覚えている。これだけやれば、さすがに物理は得意になる。今度こそ100点だと意気込むが、そそっかしい性格で100点はなかった。
技術者にとって、数学や物理はとても大事だ。勘や経験では足りない。もちろん、それらも大事だが、計算ができなくては最適な解は求まらないだろう。
身体が悪くて仕事ができないときは、近くの子たちの家庭教師をやっていたことがある。英語、数学、理科が主だ。考えてみると、技術者は高校ぐらいの数学や理科を教えられるだけの力量があり、かつ、それを仕事で使ったりするので忘れないということのようだ。英語もデータシートを読んだりするので、やはり忘れることがない。これが第二外国語のドイツ語となるとほとんど忘れた。使わないものは忘れる。ただ、数学に関しては、あまりに多く使ったので、これからずーっとやらなくても忘れそうもない。但し、惚けたらおわりだと思うが。

非国民さん こんばんは
私の大学時代は計算尺の時代でした。関数電卓はまだ高価で買えませんでした。
このおかげで、今でも、二桁×二桁の計算結果を二桁でさっと暗算が出来ます。
私も高校物理では多くの問題を解き、仲間の先生みたいな事をやっていました。

この記事へのコメントは終了しました。

« 月の超望遠撮影 | トップページ | 震災復旧工事 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング