フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 著作権 | トップページ | 情報の原発信者 »

2012年1月18日 (水)

抵抗分圧回路

Img_0147 写真は、愛用の英和辞典。1965年に購入したもの。皮表装。研究社刊。

複数形や不規則変化動詞の説明もある。

----

R1とR2からなる抵抗分圧回路に電圧Vsを印加するとその中点電圧Vcが、

Vc=R2*Vs/(R1+R2)

の式は、多くの方がご存じだろう。

この式の導出はオームの法則とキルヒホッフの法則を使えば、簡単に解ける。

この回路はループが1個で、分流点がないから、Vsを含むすべての素子に電流I=Vs(R1+R2)が流れる。基準電位をR2の下側にとると、オームの法則により、R2にはVs*R2/I=Vcの電圧がかかり、上述の式が出てくる。

この解析の前提は分流点がないことが前提なのでR1とR2の接続点には他の回路負荷がないことが前提である。

アナログエンジニアは、このような簡単な分圧回路でも一度はオームの法則とキルヒホッフの法則から、上記の式を確認しておくべきであると考えている。もちろん、抵抗分圧回路は、低周波アナログ回路では頻繁に使うので、明確に覚えておく必要がある。

そして、抵抗分圧回路をRC分圧回路でZ=1/jωCと置いてRとZの分圧回路とすれば、一次遅れ回路の周波数特性が求まるのだ。RL回路ならZ=jωLと置けばよい。

一次進み回路でも同様だ。

たかが2本の抵抗分圧回路だが、その後の効率の良い理解への出発点でもある。大切で重要な回路技術の最初の深い理解がその後の理解速度を決める。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 著作権 | トップページ | 情報の原発信者 »

電子回路基礎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、アナログエンジニアさん。
この回路、奥が深いですね。色んな角度から見ることが出来ますね。R1を通じて流れた電流が、R2によって発生した電圧によって抑止される。これって、直列帰還かな?ブロックダイアグラムを描くと面白いですね。
(・v・)/

こんにちは、uA709さん
分圧回路:一つのループしか持たない回路で、オームの法則だけでは解けない回路ですね。この回路から出発して、キルヒホッフの法則をマスターするための例題もありだと思います。
オームの法則は電流しか測れない時代に定式化されたとのこと、電圧の概念を明確に打ちたてた法則でしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 著作権 | トップページ | 情報の原発信者 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング