フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« φ84mmの主鏡 | トップページ | 著作権 »

2012年1月16日 (月)

センター試験考

昨日のセンター試験の物理Ⅰの問題を見た。

電磁気関連の小問が3つとオームの法則が3つ。高校物理の後半で学ぶ設問が目立つ。

幾何光学、物理光学から2問。力学からは4つ。波動は2つ。熱力学もある。

量子力学を除く、ほぼすべての分野からの出題。受験生にはきつかろう。

4~6択。

アナログエンジニアはこの手の選択問題には、まず、MKSA単位系で答えの候補を絞る。とにかく時間に余裕がないので、答えが一つに絞られた時点で解答する。

大雑把な感触では、どのような択一式の試験でも、順調に解いた時の2倍しかないのが通例だ。

センター試験:工学部志望なら物理はぜひ、とって欲しいと考える。数Ⅰ、Ⅱも必要だろう。

人生の一つの節目の大学入試、自分の志望学科に合わせた科目を受験科目として選ぶべきだろう。物理や数Ⅱは学ぶに時間がかかる科目なのだが・・・

センター試験の後、自己採点してから志望校を選ぶことが出来る。そこは制度上の多きな課題であろう。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« φ84mmの主鏡 | トップページ | 著作権 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

昔、家庭教師をしていたので、懐かしい文章に感じた。物理は問題集で問題をこなせば、わりと簡単にマスターできる。いちばんやっかいなのは数学の確率とかだ。ちょっとした罠にひっかかる問題があったりする。注意力が必要で、単純にはいかないような問題がいろいろあった記憶がうっすらとある。

非国民さん こんにちは

高校物理は、高校数学をフルに使えば暗記モノ科目ではないと思います。私も物理の問題を数多く解いています。そして、今もその経験をを使っています。たとえば、アーチェリーの矢の速度を巻き尺だけで測る方法など。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« φ84mmの主鏡 | トップページ | 著作権 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング