フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 元旦2012年 | トップページ | 私のお正月 »

2012年1月 2日 (月)

世界一のタワー

Img_0395 我が町には世界一の塔がある。

アナログエンジニアの自宅からも見える。

写真は自宅から撮影した日立製作所、水戸事業所のエレベータ試験塔(G1TOWER、高さ213.5m、日立製作所水戸事業所のHPによる)

付近に高層建築物がないので、我が町だけではなく、近郊のどこからも見えている高い塔。独特の建造物だ。

このような設備があって高速エレベータは開発されるのだ。

以前は国道から見ると、北に向かって右側に赤白のエレベータ試験塔と刑務所の高い塀が見える。

40年ほど前、3億円強奪?事件のあった府中市の現場と同じ組み合わせだ。大卒初任給が2万円強の時代だから、いまなら、その10倍:30億円の現金相当が奪われた事件だ。

事件後すぐに一時府中市に住んでいたことがあり、当時の警察は該当しそうな運転免許を持った男をしらみつぶしにチェックしていた筈だ。

非常に丁寧に応対してくれたことを思い出す。

世界一のシンボル塔は、我が町のランドマークでもある。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 元旦2012年 | トップページ | 私のお正月 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング