フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 正確な技術会話 | トップページ | 電子回路の虚数単位 »

2012年2月 3日 (金)

半導体チップを見る

Img_0167写真は、マイコンチップをあしらったネクタイピン。黒い部分は室温付近で色が変わる液晶だったが今では劣化して黒のまま。

メモリ部分は日光で虹のように輝く。半導体プロセスのルールが可視光時代の思い出の品。今でもたまに回路関係の方と会うときには使っている。読者のなかには、このタイピンがどのようなものか判る方がいるかもしれない。

----

半導体チップのパッケージは今ではほとんどプラスティックパッケージでとなっている。以前は、メタルキャンのハーメティックシール品、その後はセラミックパッケージ封止の半導体も出た。

メタルキャンやセラミック封止の半導体は、鋸の目立てやすりやニッパーなどで強引に開封し、半導体チップを観察できた。

特に、トランジスタチップはパターンが大きく、チップサイズも適当なので、個人でもルーペなどで観察出来た。そして、パワートランジスタなどでは、王形のパターンを見て、これがベース領域か、エミッタ領域か、コレクタの引き出しはここか、など想像し、半導体プロセスの一端を垣間見ることが出来た。

今では、ジャンク品以外には、簡単に開封出来て、チップパターンを見ることが出来るものは一般の方では入手できない。入手できたとしても、デジタルICなどは微細化が進み、ルーペ程度ではパターンは見えない。

開封出来ても、パターンの大きさが可視光よりも小さいので、規則正しいメモリなどでも、美しく輝くことはない。

アナログエンジニアは、デジタルICの設計ルールが可視光程度の大きさであった頃、とある半導体工場を見学し、本物のマイコンチップをあしらったタイピンを貰ったことがあり、大切に保存している。

このような実物の半導体を見ることのできる時代に育った私は、技術屋として幸せだったのかもしれない。若い回路エンジニアの方は、もう個人レベルではこのような機会はほとんどないだろう。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 正確な技術会話 | トップページ | 電子回路の虚数単位 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 正確な技術会話 | トップページ | 電子回路の虚数単位 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング